リベロの基礎知識【バレーボール】

バレボールアスリートのリベロの役割・ルール・技術を初心者向きに解説

◆バレーボールの基本ルール

 バレーボールをこれからはじめてみよう!という初心者の方の為に、バレーボールをする上で最低限知っておくべき基本的な言葉とルールをまとめました。

 ここに掲載している用語は基本的な用語・ルールが中心となっております。

アウトオブ・バーンズ
 アンテナやアンテナ外のネット、天井その他コート外のものに触れる反則。

アンテナ
 ネットの両サイドに取り付けられているポール。

オーバーネット
 相手コート上のボールに触れる反則。ブロックの際はトスしたボールでなければ反則とならない。

サイドアウト
 サーブ権の交代のこと。

センターライン
 コート中央、両コートの境目部分、ネットの真下にあるラインのこと。

タッチネット
 ネットに触れる事。ファウルの一つ。

チェンジコート
 コートの入れ替え。ゲーム開始時には、サーブ権とコートのどちらを選択するかの権利をコイントスで決める。

ディグ
 スパイクレシーブのこと。ブロックシステムではディグの得意な選手にスパイクを打たせるようにブロックシステムを構築するケースもある。

ノーカウント
 どちらのチームのポイントにもならない事。

フット・フォールト
 サーブの際に線を踏む反則。

ボール・アウト
 ボールがコート外の床に落ちること。

ボール・イン
 ボールがコート内の床に落ちること。

ラインアップシート
 チームのメンバー表の事。試合前に審判に提出する。

リベロ
 守備を得意とする選手が選ばれる事が多い独特のルールを持つ専門ポジション。

レセプション
 サーブの1回目のレシーブのこと。セッターへの返球率をデータ化したものがレセプション返球率。

ローテーション
 サイドアウトする度にプレイヤーが時計回りでポジションを移動する事。審判はこのローテーションに間違いがないか毎回チェックする必要がある。ゲーム中はローテとも呼ばれる。

ワンタッチ
 主にスパイクしたボールが相手コート外にボールが落ちた際に通常はアウトとなるが実は相手プレイヤーのブロックが触れていた場合にワンタッチと言う。ゲーム中ではプレイヤーは「ワンチェ」と略す事が多い。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】