ソフトバンク携帯料金表

ソフトバンク携帯の使用料金・利用料金表など携帯料金に関する情報。

◆使用料金・利用料金表

 ソフトバンク携帯を検討する際、やはり携帯電話の使用料金は誰もが気になるところ。

 ここでは、現在のソフトバンクのメインプランとして成長した「ホワイトプラン」・「ダブルホワイトプラン」そして「ゴールドプラン」の使用料金について見ていくとしよう。

 まずは、わかりやすいように表にしてまとめてみた。

 以下の携帯電話料金表を確認してみてほしい。

プラン基本料金通話料金チェックポイント
ホワイトプラン980円42円AM01:00時〜PM09:00まで同社内通話無料
ダブルホワイトプラン1960円21円AM01:00時〜PM09:00まで同社内通話無料
ゴールドプラン9600円42円上記特典プラス無料通話200分

手軽にもつなら基本料金の安いホワイトプラン!

 手軽に携帯を持つのであれば、やはり「ホワイトプラン」の存在は欠かせない。

 もし、家族や最も仲の良い友人がソフトバンク携帯であった場合。

 無料の時間帯のみ使用した場合、基本料金だけですむことになる。

 AUなども無料プランを打ち出してはいるが、別途料金が発生したり、登録台数の制限などが存在する。

 ソフトバンクの場合は、人数無制限で無料通話が実施できる点はやはり大きな魅力である。

 尚、無料で割り当てられている時間帯は1日20時間。

 夜の9時から夜中1時までは通話料金が発生する点は必ずチェックしておこう。

 眠る前のこの時間帯こそ、友人と通話を楽しみたい時間帯でもある為だ。

 時間帯の制限に問題がなく、まわりもソフトバンク利用者が多い場合は、迷わずホワイトプランでよいだろう。

ホワイトプランとダブルホワイトの料金分岐点

 ホワイトプランと比較すると圧倒的に割高感のあるゴールドプラン。

 しかし200分(8200円分)の無料通話と最大70%の基本料金の年間割引がある点は見逃せないポイントとも言える。

 メインはソフトバンクだが他社携帯へもバンバン電話する。

 このようなユーザーで通話料を安くしたい。

 という場合は、ゴールドプランは長期的にメリットを生むことになる。

 また、そこまで通話はしないが、自分の周りに「ドコモユーザー」「エーユーユーザー」が多いなどの場合は、「ダブルホワイトプラン」がお得と言えるかもしれない。

 ホワイトプランとダブルホワイトプランの判断基準は、基本料金に対する通話時間の差額だ。

 例えば、ホワイトプランの場合、他者携帯へ50分以上かけると、ダブルホワイトプランよりも通話料金が1000円ほど多くなる。

 基本料金の差額を超えてくる分岐点が約50分として考えると、おのずと1月当たりの他者携帯への通話が50分以上(正確には47分が分岐点)となる可能性がある場合は、ダブルホワイトプランを選択する事が利口な選択となるわけだ。

※表の基本料金は月額・通話料金は1分で計算しております

【MENU一覧】