年金問題のまとめ講座

国民年金の付加年金は400円?免除申請など知っておきたいテクニックや年金問題をまとめて紹介。真面目なお勉強サイト。

◆競馬で年金使っちゃいました!社会保険事務所のズサンな管理体制?

 これはある県でおきた有名な話。

 知っている人も多いかもしれないが、国民年金を管理していた職員が、県民の国民年金を自在に使いまわし、「結局1億円を使い込んでしまいました〜!」という、びっくり事件がある県でおきている。

 この職員さんはもちろんお縄になったわけだが、その1億円の使い道はギャンブルとのこと。

 詳しくは競馬にほとんどをつぎ込んだとのことだが…

 この事件で頭にくるのは当然として、それ以上にもっと気になる点がいくつかある。

 ひとつは言うまでもなく年金の管理体制である。

 一個人が年金を自在に使用することができてしまう管理体制はかなり大きな問題である。

 これだけ電子マネー化が進んでいるのだから、これらの年金資金も電子マネー管理で一職員がこっそり扱えるようにしていてはいけない。

消えた年金はどこに?【画像】

 結局、かなりの期間にわたって自由にポケットマネーかのように使いこんでいたこの職員。

 管理体制がしっかりしていれば1億円ものお金を使い込んでしまうこともなくお縄になっていたはず。

 そしてもうひとつの疑問は、「この使い込んでしまった分の年金はどうやって補てんするの?」という問題。

 この事件に関する記事に関しては、職員の減給など色々な補てん案が出されていたが、これを職員は納得するだろうか?

 金額が金額であるだけに上司だけで責任を取れそうな額でもない。

 この職員が一人で返していける金額でももちろんない。

 結局おそらく最後は「税金」というものがここに充てられちゃっている可能性も考えられるのだが…

 おそらくこれは氷山の一角。足りない足りないと騒ぎ立てれば自称お金持ちの日本国民は結局政府へお金を払う。

 お金さえ集まれば管理はズサン、用途は名目で自由な年金資産はおいしい財布でしかないのかもしれない。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】