年金問題のまとめ講座

国民年金の付加年金は400円?免除申請など知っておきたいテクニックや年金問題をまとめて紹介。真面目なお勉強サイト。

◆所得税などの税金控除メリットがある国民年金基金の特徴

 国民年金基金制度のしくみの基本は掛け金が全額税額控除の対象となるということ。

 個人が支払う最大の税金はおそらく所得税である。

 この所得税は税率が累進課税となっているが、その税率が算定される給与額の算出の際に、国民年金基金に支払った金額がまるまる減額できるというもの。

 もし、月々5万円。年間60万円の減額を受ける場合は、課税標準額が400万円の場合、340万円に減額される。

 ここでは簡易的に10%の税率であったとすると、400万円の10%は40万円。

 340万円の10%は34万円となる、税金の支払額が6万円も少なくなることがわかる。

実際に幾ら税金が減るの?【画像】

 但し、いきなり月額5万円なんて額を支払える人もそういないと思うので、実質の負担軽減額は簡単には算出できない。

 そもそも税率も関与してくることを考えれば当然ではあるが。

 尚、個人の税金としては所得税のほか、地方税などもあり国民年金基金に加入することのメリットは幅広く適用されることになる。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】