年金問題のまとめ講座

国民年金の付加年金は400円?免除申請など知っておきたいテクニックや年金問題をまとめて紹介。真面目なお勉強サイト。

◆少子高齢化が進み仮に年金の原資となる年金を納めている国民が減ってもこの制度がおそらくつぶれることはない

 年金が本当にもらえるかどうか?

 この点について考えていくと不安ばかりが募ってくる。

 しかし、この年金制度の仕組みを考えてみると、仮に年金の原資となる年金を納めている国民が減ってもこの制度がおそらくつぶれることはない。

 という事が容易にわかる。

 年金の原資となっているものは今のところ、我々が支払っている年金が母体である。

 しかし、高齢化が進み受給者が増えてきたことに伴って、この年金の支払いの原資の割合は徐々に税金が大きな割合を占めるようになってきている。

 年金を税金で賄っている国も多くあるが、日本の場合は毎年の収支が大赤字の国家でありそもそも税金を支払う若者世代が減少している為、増え続ける高齢者の年金を税収で賄い続けるのは不可能に近い。

 尚、もし年金の原資が本当に不足した場合はどうしたらよいのだろう?

 答えは国債を刷る!!

 これだけで年金の支給は継続していくことは「可能」となるわけである。

 と言っても実際すでに年金の支給のために国債を刷っている状態に日本は入っている。

 そのため、今後国債の価値が下がった場合、この制度が継続していけるかどうかは不明である。

 年金の継続のポイントは「刷れ刷れ」と言われ続けている国債が全てを握っているのである。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】