年金問題のまとめ講座

国民年金の付加年金は400円?免除申請など知っておきたいテクニックや年金問題をまとめて紹介。真面目なお勉強サイト。

◆期限付きタイプの1型は、65歳〜80歳までに支給されるタイプ

 期限付きタイプの1型は、65歳〜80歳までに支給されるタイプ。

 80歳を超えた時点で支給がストップされる。

 次いで期限付きタイプの2型は、65歳〜75歳までの10年間タイプである。

 期間が短くはなるが負担額が安くなっている。

 そして3型は、60歳〜75歳までに支給されるタイプ。

【国民年金基金の期限付きタイプ一覧表】
受給年齢 特徴
1型65歳〜80歳長生きすると有利
2型65歳〜75歳負担額が安い
3型60歳〜75歳無収入状態の回避

 60歳から早い段階で貰いたい場合はこの3型が適していると言えるだろう。

 コースの選択は自分の人生の選択によるが、たとえば1型の場合は、長生きした場合に安心の制度であることがわかる。

 3型は、定年後すぐに生活が困窮しないためにも人気のあるコース。

 2型は1型よりも支給期間が5年間短くはなるが負担がすくないので、負担を軽減するなどの場合に検討が可能。

 期限付きタイプはすべてのコースにおいて遺族年金がついている点が大きな特徴である。

 期限付きタイプの年金制度は近年人気を高めつつある。

 これは様々な保険商品にも言えることだが、何もかも終身の商品が良い。

 という時代が終わり、費用対効果を検討したり、他の商品とのリスクヘッチを図る。

 そんな投資時代に入ってきている証しとも言えるのではないだろうか?

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】