肉離れ【治療法/治し方】

太もも、ふくらはぎ、ハムストリングスの肉離れの症状、治療法を初心者向きにわかりやすく解説。「肉離れ」は応急処置の対処法とリハビリによって競技への復帰期間が大きく異なります。

◆肉離れ(症状の判断について)

 肉離れの症状は、その症状の度合い、肉離れの重さによって3段階の度合いの症状に分ける事が出来ます。
 以下3段階の症状を簡潔に解説します。
【1度】
 肉離れの症状は非常に軽く、部分的に小規模の断裂が生じているケースです。
 痛みはありますが自力の歩行が可能の状況がこの「1度」にあたります。
【2度】
 肉離れの症状は中程度の段階です。
 2度では
●筋繊維の一部断裂
●筋膜の損傷
●皮下内出血
 が発症しているのが通常で、自力歩行が難しくなってきます。
【3度】
 かなり重傷の肉離れの状況です。
 筋繊維に部分断裂が深く発症し、
●圧痛顕著
 を行うと、幹部には陥没が確認できます。
 自力歩行はほぼ不可能となり、痛みも非常に激しい痛みとなります。
 3度では早期の診察が必要となります。
 診察を受けるのは病院の「整形外科」で診察を受けます。
 以上が3段階の症状の特徴です。
 症状によって、治療法、対処法も異なってくる部分もあるので肉離れを発症した際は、まず
●肉離れの症状が何度の症状にあたるのか?
 を確認する事が重要です。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】