肉離れ【治療法/治し方】

太もも、ふくらはぎ、ハムストリングスの肉離れの症状、治療法を初心者向きにわかりやすく解説。「肉離れ」は応急処置の対処法とリハビリによって競技への復帰期間が大きく異なります。

◆肉離れの治療法・対処法

 肉離れの治療方法は基本的に保存療法が基本となります。
 保存療法とは、手術などの外科的処置をせず、血行などを高めながら
●自然治癒力
 を活かして治療を実践する治療方法です。
 保存療法の基本としては、発症から1〜2日間は「RICE処置」を基本的に行います。
 これは、肉離れの発症による
●患部の腫れ
●断裂部位周囲の内出血
 をまず抑制し、除去することが最優先される為です。
 内出血が徐々に引き始めてきたら、次は血行を促進する
●温熱療法
●患部周囲のマッサージ
 を軽めに開始します。
 尚、肉離れは「自然治癒力」で回復が可能ではありますが、回復初期は
●筋肉のやせ
●筋力の低下
 が必ず起こるので、競技への復帰には時間をかける必要があります。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】