肉離れ【治療法/治し方】

太もも、ふくらはぎ、ハムストリングスの肉離れの症状、治療法を初心者向きにわかりやすく解説。「肉離れ」は応急処置の対処法とリハビリによって競技への復帰期間が大きく異なります。

◆ハムストリングスの肉離れ

 肉離れを発症しやすい部位のひとつにハムストリングスがあります。
 ハムストリングスとは大腿部(太もも)の後面にある筋肉群の事です。
 ハムストリングスを構成する筋肉は
●大腿二頭筋
●半膜様筋
●半腱様筋
 の3つの筋肉です。
 ハムスリングスの主な働きは
●膝関節の屈曲
●股関節の伸展運動
 が主な働きで、ダッシュ動作、ジャンプ動作などを行う際に、このハムストリングスは強く働きます。
 ハムストリングスが肉離れを起こす原因は、
●柔軟性の不足
●大腿部前面との筋バランス
 が主にあげられ、ハムストリングスと比較して、太もも前面の筋力が強力すぎるアスリートに多く発症する特徴もあります。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】