肉離れ【治療法/治し方】

太もも、ふくらはぎ、ハムストリングスの肉離れの症状、治療法を初心者向きにわかりやすく解説。「肉離れ」は応急処置の対処法とリハビリによって競技への復帰期間が大きく異なります。

◆肉離れ予防に拮抗筋トレーニング

 前項で解説したように肉離れの発症原因には拮抗筋のアンバランスが原因となるケースも存在します。
 拮抗筋のバランスの悪さによって生じる障害は肉離れに限らず多くあるものです。
 例えば、比較的多く発症する障害に
●腰痛
 があります。
 この腰痛の発症原因は、拮抗筋である腹筋が、背中の筋力と比べて弱いケースに多く発症する傾向にある事は有名です。
 ですから、腰痛の予防には、実は腹筋の強化が大きな予防に繋がります。
 同様に肉離れに関しても、肉離れを発症する可能性のある部位の拮抗筋を強化する事が予防に繋がってきます。
 自分の体の中で、特に自身のある部分。
 筋力が強いと思われる部分は、ある意味、肉離れの可能性が最も高い部位とも言えます。
 このように、自分の体を見つめ、ウィークポイントと成りえる部位を事前に強化していく意識がアスリートには重要なポイントとなります。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】