給料・給与の差押さえの解説

民事執行法に基づく債務者の給料・給与の差押さえの規定、差押さえ金額に対する見解を解説

◆差し押さえの定義・民事手続きについて

 差し押さえとは基本的に、債権者の訴訟によって国家の執行機関である執行裁判所や執行官が債務者の財産や権利、特定の有体物について法律上の処分を禁止し確保することを指しております。

  この差し押さえには主に「民事」・「刑事」の差し押さえがあり、一般的に「給料」「不動産」などの差し押さえは民事手続きによる差し押さえである点がポイントとなります。

 民事において債権者は、確定判決などの債務名義と執行文の付与を受けて差し押さえを判定する執行機関に執行の申し立て手続きを行う事によって差押さえが執行される事となります。

◆給料の差押禁止額の規定について

 給料の差押さえの執行に関しては民事執行法に基づき、「差押禁止額」が設定されております。

 差し押さえ禁止額の規定については以下の通りです。

【差押禁止額の規定】
@手取り給与の4分の3
A33万円
※以上2点のうち少ない方

 実際の差し押さえの執行に関しては民事執行法で定める差押禁止額以外の範囲において差押さえが執行される事になります。

<<HOME | 次のページ>>

【MENU一覧】