給料・給与の差押さえの解説

民事執行法に基づく債務者の給料・給与の差押さえの規定、差押さえ金額に対する見解を解説

◆給料の差押えが執行されるまでの民事手続き

 債権者が、債務者の給料・給与の差押さえを執行するには「民事執行法」に基づき、幾つかの手続きを踏まえる必要があります。

 まず債権者は給与の差押さえを行う為に「裁判所」「訴訟」を起こす必要があります。

 そして、その訴訟裁判において「勝訴」の宣告を受けてからはじめて「債権差押命令の発行」を裁判所に依頼し、令を発してもらう必要があります。

 この「債権差押命令」が裁判所から発せられるまでは、債権者は債務者に対して差押さえの執行が出来ない点も覚えておく必要があります。

<<前のページ | 次のページ>>

【MENU一覧】