パンケーキとホットケーキの違いの解説

パンケーキとホットケーキの違いとは?知っておきたい豆知識。

◆パンケーキとホットケーキの違いの解説

⇒パンケーキとホットケーキは何が違うの?
⇒パンケーキとは平鍋を意味する言葉
⇒ホットケーキはデザート?
⇒結局パンケーキもホットケーキも同じもの?

◆パンケーキとホットケーキは何が違うの?

 多くの家庭で一度はテーブルに並んだことがあると思われるホットケーキ。

 食品スーパーではほとんどのお店でホットケーキミックスと呼ばれる専用の粉が販売されておるが、ホットケーキは日本でもお馴染みの厚みのあるケーキとして定着しておる。

 また、ファミリーレストランのメニューを見てみるとはちみつシロップやチョコレートソースなどがかかったホットケーキやソーセージ、スクランブルエッグなどが添えてあるパンケーキがある。

 しかし、違うファミリーレストランに行くと、いつも食卓で食べているような厚みのあるシロップ付きのホットケーキ?と思われる製品がパンケーキと記載されているケースもあり、表記はお店によってもバラバラとなっておる。

 パンケーキとホットケーキは一体どのように分類され表記されているのか?また具体的な定義がないのかについてもちょっと気になるところじゃろう。

◆パンケーキとは平鍋を意味する言葉

 日本人がイメージするパンケーキと言えば、ホットケーキよりも厚みが薄く、ベーコンエッグやソーセージなどと一緒に食べるしっかりとした食事の時に食べるメニューというイメージが定着しておるかもしれんのぉ。

 またホットケーキはどちらかと言えば甘みのあるデザート的なメニューとして位置づけられておる感もある。

 日本では馴染み多い森永のパンケーキミックスの写真を見ると、やはりパンケーキはお食事用としてのイメージが強くあるようにも感じるのぉ。

パンケーキはお食事用?【画像】

 しかし、パンケーキのパンとは平鍋を意味する言葉であり、フランス語の「パケヌ」が英語のパンケーキに該当する言葉となっておる。

 要は「食事」「デザート」というイメージでパンケーキとホットケーキが分類されておる訳ではないという事になるのぉ。

 前述したようにファミリーレストランによって全く同じような製品に対してパンケーキとホットケーキという表記が異る点も、この先入観で分類されているわけではない点を物語っておる。

◆ホットケーキはデザート?

 ホットケーキのレシピを見ると、小麦粉に牛乳、卵、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせフライパンで両面を焼く料理と記載されておる。

 先ほどと同じようにスーパーなどでも見かける森永のホットケーキミックスの写真を見てみると、ホットケーキはやはりパンケーキよりもデザート的な扱いとなっているようにも感じるのぉ。

ホットケーキはデザート用【画像】

 しかし、このホットケーキのレシピは実はパンケーキにも全く同じレシピが記載されておるものが多くある。

 ことからもホットケーキとパンケーキは実は全く同じものである可能性があるということが見えてくるのぉ。

 尚、ホットケーキという言葉自体はアメリカでパンケーキをホットケーキと呼ぶ習慣があり、日本でもホットケーキという呼び名が広まっていったと考えられておるのじゃ。

◆結局パンケーキもホットケーキも同じもの?

 パンケーキとホットケーキの違いは結論から言えばどちらも同じパンケーキと呼ばれているものであると言えるじゃろう。

 しかし、日本国内ではやはりパンケーキとホットケーキは「食事」「デザート」といったやや異るイメージが定着しておるのも事実じゃ。

 このようにイメージが異る理由は、先ほどの森永のように日本の製菓会社が両者の分類を独自に行なってきた事もひとつの要因となっておる。

 パンケーキは卵焼きやベーコンなどと共に食べやすいように甘みを控え、ホットケーキはデザートとして甘みを強くするなどの独自の分類を行なってきた事が、現在の日本の食卓の中で定着してしまったイメージとなっておるという訳じゃ。

◆関連記事

【MENU一覧】