CCとBCCの違いの解説

メールで使用するCCとBCCの違いとは?知っておきたい豆知識。

◆CCとBCCの違いの解説

⇒CCとは?
⇒CCとはカーボンコピーの略語
⇒BCCとはブラインドカーボンコピーの略語
⇒メール送信で迷った時は?
⇒メール送信で迷った時は?

◆CC・BCCとは?

パソコンでメールを送る際に、気になるメール機能のひとつにCCとBCCがある。

この「cc」「BCC」という機能はいったいどのような機能なのじゃろうか?

ここでは、初心者向きにメール送信を行う際に利用する「cc」「BCC」の機能の違いについて確認していくとしよう。

◆CCとはカーボンコピーの略語

まず初めに「CC」について。

このCCは英語のカーボンコピー(Carbon copy)の頭文字をとった略語であることを理解する必要がある。

パソコンでメール送信を行う際には、「宛先」の欄の下に「CC」と記載された欄があるはずじゃ。

このカーボンコピー機能は、一回の送信で多数の人に同じ内容のメールを公開したい時に使用する機能じゃ。

LINEのグループ機能ではコメントを入れるとグループ内全員に直ぐに同じ内容が伝わるがこれと同じ。

メールでは同じ内容のメールを複数の人に送る際に使用する際にこのCC一斉メール送信機能を使用するという訳じゃ。

尚、カーボンコピー機能の特徴は、送信した全ての方々のメールアドレスを共有できる点にある。

仕事や趣味のグループの連絡などでカーボンコピー(cc)機能を利用してメール送信を行うと、受信者全員がこのメールはグループ内の誰に送られているかを確認することが可能となる。

その為、メール送信が行われていないメンバー(連絡忘れ)をチェックできたり、メール内容を共有できる為、スムーズに計画をプランニングできたりする訳じゃ。

◆BCCとはブラインドカーボンコピーの略語

続いてBCCとは、カーボンコピー機能に付加機能をもたせたメール送信機能であると覚えておくと便利じゃ。

BCCは英語のブラインドカーボンコピー(Blind Carbon copy)の頭文字をとった略語。

指定した宛先全員に同じ内容を送信するカーボンコピー機能はそのままじゃが、送信者全員のアドレスが相手に公開されないのがブラインドカーボンコピーの特徴じゃ。

メールアドレスや個人名は「個人情報」でもある事から、親しいグループと言えない複数のメンバーにメールを一斉送信する場合は、受信者全員のメールアドレスが公開されるCCよりもBCC機能を使用すべきであると言えるじゃろう。

◆メール送信で迷った時は?

複数のメンバーに同一の内容のメールを送る際に、CCとBCC機能のどちらを使用すべきか迷った時は、とりあえず個人情報の保護の観点からもBCCを使用しておくと良いじゃろう。

またCCもBCCも全く同じ内容のメールが指定アドレスに送信されるため、受信者によって少しだけ内容を変えておきたい場合は、手間はかかるものの一件ずつ「TO」機能を利用してメール送信を行っておくと安心に繋がるのぉ。

またビジネスメールで自社の製品を顧客ユーザーに一斉送信する場合などに「CC」でメール送信をしてしまうと、見ず知らずの顧客ユーザー同士がそれぞれのメールアドレスを把握することにも繋がり「個人情報漏洩問題」になり兼ねない危険性を持っておる。

一斉メール送信でCCとBCCどっちを使う?【画像】

カーボンコピー機能は便利な機能ではあるのじゃが、使用する際は最新の注意を払ってメールを送信する相手を選択することが大切じゃ。