股関節の特徴(外旋・内旋・外転・内転)

股関節を柔らかくし関節可動域を広げるストレッチ方法、股関節を鍛える強化トレーニング方法を解説。

◆股関節の構造上の特徴

股関節は人体にある様々な関節組織の中でも、最大の大きさ持つ関節組織である。

構造も複数の骨が合わさるように構成されており複雑な関節構造であると言える。

股関節の構造【図】

尚、股関節は他の関節と比較すると股関節の構造上、関節の可動範囲に制限が多い事がわかる。

その為、柔軟性を高める事を目的としたトレーニングを行う前に、股関節は構造上そもそも大きな可動域を持つ関節でないことを理解しておく必要がある。

◆外旋・内旋・外転・内転など複雑な動作を行う関節

股関節組織は前述した通り様々な制限を受ける関節である。

しかし、歩く、走る、跳ぶなどの動作や外旋・内旋・外転・内転など複雑な動作を行う関節でもあり
●筋肉
●腱組織
●靭帯組織
などが複雑に絡み合いながら様々な動作を可能としている関節でもある。

その為、関節の構造を理解し、じっくりと動きを確認しながら股関節を鍛えていく事が重要となる。

またスポーツアスリートの場合は、股関節障害を発症しやすい傾向にある為、やはり柔軟性の重要性は不可欠であると言える。

◆股関節の関節障害の特徴

股関節に関わる障害は突発的に発症する病気よりも長期的な負荷が原因となって発症する病気が多い。

股関節の代表的な障害としては、股関節が磨耗し軟骨組織がすり減ることで炎症を起こし、関節そのものに変形を伴う「変形性股関節症」や「リウマチ症」などの有名な病気が存在する。

これらの股関節の病気を発症する要因は股関節自体が荷重関節であることも1つの要因としてあげられる。

地球上で生活を行う以上は、股関節や膝関節には常時、重力による負荷が加わり続けることになる。

その為、関節内を保護する軟骨組織やヒアルロン酸などの成分が存在するが、これらが枯渇していくと関節は磨耗による消耗によって関節障害を発症するようになる点が大きな特徴である。

尚、股関節に発症する突発的な障害としては「脱臼」があげられる。

股関節脱臼に関しては先天性(生まれつきのもの)の病気の可能性もあるため、柔軟性を高めるなどの対策だけでは根本的な病気の解決に繋がらないケースもあり、医師やトレーナーと相談の上トレーニングプランを組み立てていく必要が出てくるケースもある点を把握しておこう。