バスケットボールのルールの解説

バスケットボールのルール、審判の解説

◆ファールを受けた為にトラベリングとなった場合のショットの得点は認められるか?

バスケットボールの試合中、オフェンスプレイヤーAがドリブルでカットインしシュートモーションに入った。
この際、オフェンスプレイヤーAにマッチアップしているディフェンスプレイヤーAはブロッキングのファール。
ブロッキングのファールを受けたオフェンスAは体制を崩した為3歩歩いてしまったがショットはそのまま倒れこむように決めた。
この場合オフェンスプレイヤーのショットの得点は認められるのか?
またゲームの再開はどのように行われるのか?

◆答え:フリースロー2ショットで再開

バスケットボールの試合ではこのシーンはポツポツと見られるシーン。

通常ファールを受けた状態でショットが決まった場合は、「バスケットカウント」となり得点が認められ更にボーナススローの1ショットが与えられる。

しかしこのケースでは、バスケットボールのルールで規定されている歩数を超えているので得点は認められない。

◆トラベリングが成立した後のショットの得点は一切認められない

バスケットボールの試合ではいかなる状況であってもトラベリングが成立した後のショットの得点は認められない。

審判をする際は、この原則を覚えておけばその後の処置がスムーズに進む。

尚、事例のケースではショットの成否に関わらずショットの動作中にファールを受けているので2ショットはもちろん認められる。

これが3ポイントショットの場合は当然「3ショット」のフリースローが与えられる。

絶対に間違えてはいけない処置としては、ファールを成立させるがトラベリングも成立させるケース。

ファールを記録し、かつトラベリングも認め、ファールしたディフェンス側のチームのスローインとなるとオフェンス側はたまらない。

※Point!トラベリングが成立した後のショットの得点は認められない

<<前のページ | 次のページ>>