差押物件(公売・競売)の解説

競売物件・公売物件で住宅ローンは組める?オークション・公売の活用による差押物件取得について解説

◆パイプライン構築はひとつの地域に1~2社程度までに絞り込んでおく

【ただただ通って顔を覚えてもらう】

不動産投資をする際、不動産業界の内部のシステムを把握する必要がある。

現在、不動産広告に出ている物件は、すべて情報を細かく記載する必要が求められている。

これは、公正取引委員会の縛りが厳しくなっているためである。

そのため同業他社に知られたくない物件情報が、不動産雑誌に掲載される事はまずないと考えて良いだろう。

尚、基本的な不動産情報は不動産流通システム「レインズ」に登録されている物件をチェックすることも大切である。

このシステムはどの業者でも扱う事は出来る物件情報。

まずはこの情報を地域に密着している不動産業者から取得し「検討地域の相場」を把握していく。

この作業は1~2社程度で良いが、この業者とパイプラインを徐々に構築することが重要である。

◆業者とのパイプラインの構築方法

業者との太いパイプラインを構築するまでには苦労する部分が多いと覚悟しておいた方が良い。

とにかく最初はどこの業者も中々相手にしてもらうことが出きないもの。

「特に中古のアパート物件だけを探しています」

などと最初に公言してしまうとその業者から全く相手にされなくなるケースも多かった。

営業マンから見れば新築物件を販売した方が利益率が高い部分もあるため魅力的。

仲介業者であれば中古物件の場合は「分かれ」が多いため積極的に販売に動こうとする気配も少ない。

ではどのようにパイプラインを構築していけば良いのか?

答えはシンプルで、ここだ!と感じた業者が見つかった時は通い詰めること。ただただ通って顔を覚えてもらう。

最初は煙たがられていても、やはり相手も人である以上、1年に5~6回も訪ねてきたら一件くらいは面白そうな物件を紹介してあげたくなるものだ。

これは不動産仲介経験のある私の感覚からしてもおそらく的を射ているはずである。

単純に通う。この継続が業者とのパイプラインづくりの一歩目という訳だ。

業者とのパイプラインが出来上がった場合、不動産雑誌に記載されている気になる情報があればその業者から情報を得ることも可能となる。

多くの窓口を持つのも良いが、ひとつの地域に1~2社程度までに絞り込んでおいたほうが情報に振り回されることも少なくなるだろう。

尚、見方につけておきたい不動産仲介業者に関しては後述している地元の小さな不動産業者に関する記事を参照。

全国展開の大手不動産業者の営業マンのレベルは信じられない程、低い場合が多い。

腕一本で地域に密着しているたくましく、ややいかつい感じのある地域密着型の一人経営、いわゆる社長が一人でやっているような不動産会社なんかを見つけられると大きな進展である。

<<前のページ | 次のページ>>