自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆自分の愛車の適正空気圧を把握しよう!

自分の車の適正空気圧は「運転席側のドアの内側」にシールが貼り付けてあるのですぐに確認が可能です。

高速道を走る場合などは、最低でもこの適正数値、長時間走行を行う場合は
●空気圧を若干高め
に設定してもらうようにしておきましょう。

尚、有料ではありますが空気よりも空気…《自分の愛車の適正空気圧を把握しよう!》の続き

◆燃費は定期的に記録しよう!

自動車の燃費を測定する目的はオーナーによっても異なりますが幾つかの目的が考えられます。

ひとつは、運転方法が善し悪しの見直しです。

当ホームページでは、たくさんの項目で燃費に関する記事を記載しておりますが、燃費は運転方法によっても大きく異なります。

エコドライバーとしての運転技術が備わってくると、燃費は劇的に向上します。

その為、自分の運転技術のレベルアップの指標として、燃費を目安に…《燃費は定期的に記録しよう!》の続き

◆燃費の測定方法は簡単に2種類

ここまでチェックしてみると自分の自動車の燃費を記録してみよう!

と思われた方もいるかもしれません。

「では自分の自動車の燃費を測定するにはどのような方法があるのでしょうか?」

ひとつは、先ほどお話しした「燃費計」を装着…《燃費の測定方法は簡単に2種類》の続き

◆ガソリン満タン法が主流

ここまでチェックしてみると自分の自動車の燃費を記録してみよう!

と思われた方もいるかもしれません。

「では自分の自動車の燃費を測定するにはどのような方法があるのでしょうか?」

ひとつは、先ほどお話しした「燃費計」を装着すること。

「燃費計」は後付でも装着できるのでエコドライバーを目差す方はこのような燃費計を装着してしまうのが一番手っ取り早いかもしれません。

しかし、このような燃費計を装着するには当然コスト…《ガソリン満タン法が主流》の続き

◆ガソリン満タン法による燃費測定の手順

エコドライバーを志す方はここメモです。(笑)

以下にガソリン満タン法による燃費の測定についての簡単な流れを解説します。

慣れてしまえば本当に簡単です。では早速見ていきましょう…《ガソリン満タン法による燃費測定の手順》の続き

◆距離の測定は積算計(トリップメーター)で行う

ガソリン満タン法による測定方法は走行条件によって燃費の消費量が大きく異なります。

しかし、普段自動車を使用する際は、いつも一定条件で使用されているわけではありません。

ですから、現実的な燃料消費量を把握するには理にかなった測定方法であると言えます。

燃費計を後付けしてまで細かくチェックするつもりがない場合は、この測定方法で十分…《距離の測定は積算計(トリップメーター)で行う》の続き

◆燃費計は様々な測定機能がついている

エコに関心の高まった近年では、燃費計に関しても様々な種類の燃費計が販売されております。

後付の燃費計は自動車のタイプさえ会えば自分で設置することも可能です。

燃費計の最大の魅力は、燃料消費量の測定はもちろんのこと、以下の項目をチェックできる点も大きな魅力…《燃費計は様々な測定機能がついている》の続き

◆燃費計は1個あれば使いまわしも可能!

自分でガソリンを満タンにして燃費を測定する場合は、燃料消費量の測定しか行えません。

しかし、燃費計を使用することで、様々な角度から燃費状況を把握することが可能となります。

燃費計を利用するメリットはこんなところにあります。

エコへの関心が高まりつつある近年、このような燃費計の評判が高い点からも、オプションとして新車販売時から燃費計…《燃費計は1個あれば使いまわしも可能!》の続き

◆燃費計を選ぶ際のポイント

燃費計を選ぶ際のポイントは、数多くのメーカーが販売しております。

燃費計の購入をもし検討されている場合は、どのような燃費計を選べばよいのかは迷うところですね。

ここで絶対に外してはいけないポイントは、まず燃費計を設置しようと思っている車種に対し、検討している燃費計が対応可能であるかどうか?

という点です。

せっかく購入した燃費計が使用できないという事態を経験した私としてはここは絶対に伝えておきたいポイントです。

そして対応が可能である場合は…《燃費計を選ぶ際のポイント》の続き

◆ガソリン満タンは燃費に悪い?

ガソリンを満タンに入れると燃費が悪くなる。

もしくはガソリンを満タンに入れないと燃費が悪くなる。

この「ガソリン満タン説」には色々な見解があります。

まず結論から言うと、ガソリンを満タンにしたことによって、自動車の性能が変化し、燃料の消費量…《ガソリン満タンは燃費に悪い?》の続き

◆ガソリンが多く入っているほど車は重くなる

例えば60リッターのガソリンが入る車で燃料を満タンに入れた場合。

このようなケースでは、燃料を半分の30リッターだけ入れた場合と比較すると、燃費に影響を与える可能性があることも否めません。

これは性能の変化などではなく…《ガソリンが多く入っているほど車は重くなる》の続き

◆重い車ほど燃費が下がる?

自動車は仮にまったく同じ性能の自動車であった場合、重量が軽い自動車の方が燃費は向上します。

これは重たい車ほど、始動する際に大きなエネルギーが必要となり、その分燃料の消費量も大きくなる為です。

これは何となく感覚的にもわかる範囲であると思います。

このことから、燃料を満タンに給油した自動車は給油した分、総重量がアップすることになります。

前項の事例で言えば満タンの場合と半分の場合では30リットル、重さにすると30キロ分の重量…《重い車ほど燃費が下がる?》の続き

◆スピードよりも回転数を見よう

バイクの燃費はスピードが上がるにしたがって燃費が悪くなるようなことは基本的にありません。

回転数が一杯一杯の状態になるほどの高速状態であれば別ですが、一般的には高いギアでエンジン回転数が「2000回転程度」に保たれている状態が最も燃費の効率の良い回転数…《スピードよりも回転数を見よう》の続き