自動車・バイクの燃費向上方法Q&A

燃費Q&Aでは自動車・バイクの自分でできる燃費を節約する運転方法、燃費の測定方法から燃費を悪化させる様々な原因について初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆ハイブリッドカーはなぜ燃費が良いのですか?

◆ハイブリッドカーの特徴

ハイブリッドカーとして、世界的な地位を築き上げたトヨタのハイブッリトカープリウス。

そして日本でも爆発的な販売台数をたたき出したホンダのインサイト。覚えてますか?

その後、様々な既存の車種にもハイブリットシステムを搭載した自動車が次々に市販化されてきました。

メーカーの代表的セダン車からワンボックスカーまでハイブリットカーの種類もどんどん増えてきております。

これらハイブリッドカーは燃費が非常に良いことで有名です。

ではこの燃費を高めた要因はいったい何なのでしょうか?

このハイブリッドカーの最大の特徴は自動車を動かす動力源にあります。

◆ハイブリッドカーの動力源はエンジン+電気モーター

◆ハイブリッドカーの動力源はエンジン+電気モーター

一般的な自動車は内燃機関(エンジン)によって自動車を動かしています。

これは誰もが知っていることでしょう。

この内燃機関(エンジン)はガソリンを消費しながら動きます。

対して、ハイブリッドカーは、このエンジン動力に加えて「電機モーター」というもうひとつの動力源を保持しております。

電気モーターは文字通り電気をエネルギーとして使用して動きます。

このように、「エンジン」「電気モーター」の2つの動力源をもっている車がハイブリッドカーであり、燃費を向上する最大の特徴でもあります。

※2つの動力源を持つ車がハイブリットカーである

◆電気モーターがエンジンの補助をする

◆電気モーターがエンジンの補助をする

ハイブリッドカーの仕組みを考える場合、もっともわかりやすいのは、エンジンの補助役として電気モーターがちょこちょこと活躍する。

このように考えるとハイブリッドカーの燃費が向上しているシステムがわかりやすいかもしれません。

燃費の良いハイブリッドカーと言えども、エンジンの燃料はガソリンなどの石油資源であり一般の車とは変わりはありません。

このエンジンは、回転数の変動が大きい時や自動車が発進する時などにより多くの負担がかかり、その分燃料が消費されます。

ハイブリッドカーではこのようなエンジンに負担の大きい場面に、電気モーターが動力源として活躍し、エンジンの負担を軽減させているのです。

負担が軽減されたエンジンは結果的に燃料の消費を抑制することができ、ガソリンの消費を抑制することにつながり燃費の向上が達成されます。

エンジンを主体とした動力源。

そして必要な場面に応じて電気モーターが動力源として補助をするシステム。

これがハイブリッドカーのシステム構造です。

※パワーを必要とする場面でエンジンを補助する

<<前のページ | 次のページ>>