ナンバープレートの再発行・再交付Q&A

自動車のナンバープレートが紛失・盗難・破損してしまった場合の再発行申請手続きの手順、再交付の費用についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

◆廃棄方法・処分手続き

◆ナンバープレートの廃棄について

自動車を廃車にする場合のナンバープレートの扱いについてチェックしていきましょう。

まず自動車を廃車にする場合であったとしてもナンバープレートを自分で勝手に廃棄してはいけない事を把握しておく必要があります。

これはナンバープレートの所有者が個人ではなく、原則として公的機関、陸運支局のものである為です。

ですからナンバープレートの扱いに関しては借りていたものを返却するという考え方が必要となります。

※Point!ナンバープレートは勝手に廃棄してはいけない

◆廃車の専門業者に廃棄してもらうケース

◆廃車の専門業者に廃棄してもらうケース

自動車の廃車手続きで最も簡単な方法は、自動車の廃車手続きを専門に行っている専門業者に依頼することです。

廃車にかかる費用は専門業者によっても異なりますが、無料で廃車手続きを行ってくれる廃車専門業者も近年は多くなりました。

もちろん無料で行うにはカラクリがあるのですが、既に動かなくなった自動車であったり、仕事などが忙しく中古車査定などを行う時間が取れない場合はこのような専門業者を複数調べて無料もしくは最も安い業者を見つけておくのもひとつの手です。

尚、専門業者に依頼する場合であってもナンバープレートを個人で廃棄してしまってはいけません。

これは解体場までの輸送の際にもナンバーが必要となるためですね。

※Point!廃車手続きは複数の見積もりをとる事

◆解体業者が無料で引き取る裏のカラクリ

◆解体業者が無料で引き取る裏のカラクリ

自動車の解体業者が無料で車を引き取るカラクリについてチェックしていきましょう。

もうある程度推測できていると思いますが、このカラクリは解体後に残るパーツを部分的に販売することが出来る為です。

特に自動車の修理を行う整備工場などは解体業者とのパイプラインがあり、必要なパーツのみを購入するケースも実際に多くあります。

廃車手続きの申請手数料などを差し引いても十分な利益が見込めるので無料でも廃材が欲しいというのが本音なのですね。

※Point!パーツの販売で十分利益が出る

◆下取りよりも強い中古車市場

◆下取りよりも強い中古車市場

自動車の買い替え時の予備知識としてひとつチェックしておきたい豆知識をご紹介します。

よく下取り車があれば次に購入する車を値引きしてくれるという話がありますが、このように現在の車を下取りに出して割安で車を購入する方法は現在では得策ではありません。

エコカー減税などの政府の補助もなくなり新車の販売台数は残酷なまでに販売台数が低下している現状がある点をご存知でしょうか?

対して中古車市場は今も尚強い勢いを保っております。

このような自動車販売市場の中で力を付けてきている中古車販売ショップが最も重要視しているのが在庫数の確保です。

現在はインターネットによるデータベース化も進み、そのデータベースに登録する中古車の台数を確保しておきたいのが中古車販売業者の本音でもあります。

個人では全く使用できないと思っているような全く動かないような自動車でも驚くような価格の査定が就くこともあります。

私自身もgooとガリバーともう1社(ここでは名前を伏せておきます)の3社でバッテリー上がりでエンジンのかからなくなっていた車の査定を出しましたが、下取りで差し引かれる価格の実に4倍近い値段で買い取ってもらった経験があります。

尚、個人運営の小さな中古販売店の査定は「動かないのでゼロ円」という返事をしていたので、このようなゼロ円査定をするような店舗に捕まると、ゼロ円で下取りされていた自動車が翌日には高額で販売されているような事にも成りかねないので注意しましょう。

※Point!グループで中古車登録台数を確保したい中古車販売業者をうまく利用する

【ポイントのまとめ】
★ナンバープレートは勝手に廃棄してはいけない
★廃車手続きは複数の見積もりをとる事
★パーツの販売で十分利益が出る
★グループで中古車登録台数を確保したい中古車販売業者をうまく利用する

<<前のページ | 次のページ>>