ナンバープレートの再発行・再交付Q&A

自動車のナンバープレートが紛失・盗難・破損してしまった場合の再発行申請手続きの手順、再交付の費用についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

◆同一番号のナンバープレートの再交付

◆同一番号を再取得出来るケース

ナンバープレートの再交付を行う場合、

●ナンバープレートの紛失

などの場合は、今まで使用していた番号と同一の番号を再取得することは出来ません。

また、ナンバーの破損などの場合でも、ナンバーに記載されている全ての記号がひとつでも確認できない場合も同様に同一の番号を再取得することは出来ません。

同一番号を再取得出来るケースは、ナンバーの記号が全て明確に確認できるケースのみとなります。

※Point!ナンバーの記号が全て明確に確認できるケースは同一番号の再発行も可能

◆同一番号申請時の必要書類一覧

◆同一番号申請時の必要書類一覧

 同一番号の再取得が可能な場合の再交付手続きに必要となる必要書類は以下のとおりです。

★同一番号のナンバープレートの再交付手続きの必要書類

●自動車登録番号標再交付申請書(引換証再発行申込書とも呼ばれます)

●自動車検査証(コピーで可)

●破損したナンバープレート

以上3点の書類が同一番号のナンバープレートの再交付手続きを行う際に必要となる必要書類一覧です。

※Point!破損した現物のナンバープレートは必須

◆ナンバープレート交換時のポイント

◆ナンバープレート交換時のポイント

ナンバープレートの破損や盗難にあった際に新たに標識を付ける際には、次回の対策を行うのも重要です。

盗難などの対策で比較的容易に行える対策のひとつにねじの変更があります。

ネジにはサイズの規格があり、その車種にあった製品を選ぶ必要がありますが、同一規格のサイズのものでネジ頭部分の低いスリムヘッドタイプのものに交換する程度であれば非常に簡単です。

スリムヘッドタイプは特殊工具が必要となる為、以外にも大きな効果を発揮します。

※Point!交換時に盗難対策もしてしまおう

◆セキュリティーねじを使ってみる

◆セキュリティーねじを使ってみる

余談ですが、盗難防止対策としてのセキュリティー向上の為に、ねじ頭が特殊なタイプのネジへ交換することは簡単な防犯対策の基本です。

ナンバープレートの盗難事故で最も多いのはプレートの枠部分です。

この枠はナンバープレートの外し方を把握している人であれば20秒程度で取り外してしまうことが可能です。

逆に言えばプレートをはずさない限り簡単に取り外しが出来ないナンバープレート枠を使用し、特殊な工具でしかまわらないネジを使用するだけで基本的な防犯対策ができることになります。

※Point!特殊なナンバープレート枠の盗難防止対策にも有効

但し、このような特殊工具を既に持っている窃盗のプロ集団に狙われてしまった場合は更なる対策が必要です。

字光式ナンバープレートなどで人気の高い綺麗な飾り枠を使用している場合は要注意です。

【ポイントのまとめ】
★ナンバーの記号が全て明確に確認できるケースは同一番号の再発行も可能
★破損した現物のナンバープレートは必須
★交換時に盗難対策もしてしまおう
★特殊なナンバープレート枠の盗難防止対策にも有効

<<前のページ | 次のページ>>