ルーティンの意味

イチロー選手のパフォーマンスルーティーンから学ぶべきこと

◆イチロー選手は毎回のバッターボックスで同様のしぐさを一度も欠かさず行っている

あなたは、イチロー選手がバッターボックスに入った際に、袖を引っ張りながら、バットの先端を投手側バックスクリーン方向へ向けるしぐさ行っているシーンを見たことがあるのではないだろうか?

イチロー選手が好きな方であれば、このイチローのしぐさは何度も何度も目にしていることだろう。

そしてイチロー選手のファンであれば、イチロー選手が毎回のバッターボックスで同様のしぐさを一度も欠かさず行っていることにも気づいているはずである。

更に、猛烈なイチローファンの方であれば、イチローはバッターボックスに入る前のネクストバッターズサイクルの中から、十数個の一定の規定動作を行っていることにも気づいているかもしれない。

このように同一の決められた動きを行うことをルーティン、もしくはルーティーンと呼ぶ。

スポーツアスリートの中には、イチロー選手の他にも多くの選手がこのルーティンを行っており、自分のパフォーマンスの向上に役立てている。

◆トップアスリートになればなるほどこのルーティーンを取り入れる

ルーティンを取り入れている意味を考える。

当サイトでは、特にスポーツアスリートのルーティンについて考えていく。

もし、現在あなたが何かのスポーツに取り組んでいるのであれば、何かのヒントが得られるきっかけとなるかもしれない。

トップアスリートになればなるほどこのルーティーンを取り入れる選手は多くなる傾向にある。

今後テレビなどでスポーツ観戦をする時は、どのようなルーティンがあるかを探してみるのも面白い。

ほとんどのトップアスリートが一連の動きを取り入れていることに気づくだろう。

そして、その動作を大切に行っていることにも気づくことだろう。