ルーティンの意味

イチロー選手のパフォーマンスルーティーンから学ぶべきこと

◆ダンスのルーティーンの構築は独自性を表現する演出となり演技の評価にも大きな影響を与える

 ダンスブームによって、たくさんの方がボールルームダンスやベリーダンスに取り組むようになっている。
このダンスの世界にはこのような、柔らかい動きを特徴とするダンスから、競技レベルのダンスがある。
このダンスの世界におけるルーティーンに関しても、一連の決まり事。
という言葉が使用されている。
ダンスで主に使用されるルーティンとは、基本ステップなどをアレンジしながら一定の時間内の一連の動きを構築していくことにあたる。
その単位がルーティーンとなる。
このダンスのルーティーンの構築は独自性を表現する演出となり演技の評価にも大きな影響を与える。

◆基本となるステップワークがあるのはダンスもエアロビクスも同じ

 これはエアロビクスにおいても同様である。
もともと基本となるステップワークや各種の技があるが、それらのコンテンツを組み合わせて流れを構築しルーティーンを完成させていく。
もちろん、アレンジを加えながらオリジナルのルーティンを構築できるかがポイントとなるが、ハイレベルのアスリートほど難易度の高いルーティーンを構築していく。
また見る者を引きつける一連のルーティーンを作り上げている。

【MENU一覧】