ルーティンの意味

イチロー選手のパフォーマンスルーティーンから学ぶべきこと

◆精神的に練習時と同じ動きを行って練習時のベストの状態にまで精神状態を誘導していくことが大切

パフォーマンスルーティーンを行う上で最も重要なことは、その動きがゆっくりであること。

ここがポイントにあるように思う。

ゆっくりと丁寧にルーティーンをこなしながら、肉体との会話を行う。

◆関節はどうだ?
◆筋肉に痛みはないか?
◆細胞は目覚めているか?
◆いつでも戦える状態になったか?

などなど、毎日行っている動きをゆっくりと行いながら自分自身の精神状態も作り上げていく。

これが可能となる為には早すぎるルーティンは適さない。

体を動かしながら、緊張をほぐしてリラックスをする。

それ以上に、精神的に練習時と同じ動きを行って練習時のベストの状態にまで精神状態を誘導していくことが大切となる。

◆スポーツアスリートがルーティンを取り入れるメリットを考える

スポーツアスリートがとりいれるルーティンは、練習時などの精神状態にいつでも一定の手順を得て戻ることができる。

もしくは誘導することができる点が最大のメリットであるように思うのだ。

では次は、自己流のパフォーマンスルーティーンの作り方について見ていくことにしよう。